ガッツポーズをする男性

修理を依頼する

気を付けることなどについて

ブラインドは何年も使用していると繰り返し動作によって故障や修理が必要になる場合が出て来ます。しかし定期的にメンテナンスを施していれば、修理をすることも出来その分長い間に渡って使うことができます。 これを放置した場合には極端な場合は修理不可能となり、買い替えが必要になる場合も出てきます。 長らく使っていると油と共に汚れがこびり付くこともあります。そういう場合にはクリーニングを行えばきれいに蘇ります。あまり慣れてなくて方法がわからない場合にはクリーニングに出すこともできます。その場合長さ制限があって2メートル以内で無ければ行ってもらえない場合もありますから注意も必要です。 修理に関してはサイトにおいてその方法や部品のことがが記載されていますので自分で行うことも可能です。

知っておくと良い情報について

ブラインドを取り付けるには窓枠の内法寸法を計測しておけば業者に頼まなくても自分で取り付けることができます。 ホームセンター等にファックスなどでその寸法を連絡すると店を訪れることなく安価で購入でき指定の寸法の商品にカットして宅配で贈ってもらえ、自分でも取りつけを行うことができます。 ブラインドの幅はサッシの大きさに合わせて1.8メートル以内の寸法のものが多く、広くても2.5メートル以内になります。 重量のこともありあまり幅の広いものが作れない為と思われます。 ブラインドの耐久性能としては、上げ下げの頻度が多くても5年以上は持つとされています。上げ下げは両側とも傾斜をつけることなく水平状態で行うことで故障も少なくなります。 無名のメーカーのものは価格も安いものですが品質を望む場合は3大有名メーカーのものが間違いないと思われます。出張修理には1万円内外の費用がかかるようです。